安い価格で家を購入|再建築不可な物件|低価格で夢のマイホームを実現

再建築不可な物件|低価格で夢のマイホームを実現

安い価格で家を購入

相談

安く購入する方法

土地や家を探している中で、タイミングによっては任意売却の不動産を勧められることがあります。初めて任意売却という言葉を聞くと、意味が分からない方も多くいますが、土地や家などの不動産を一般の物件よりも安く購入することができるので、あえて任意売却の不動産を探す方もいるくらい人気があります。任意売却の不動産とはどのようなものかというと、家や土地を購入し銀行などからローンを組んで返済していたが返済ができなくなり、どうにもできなくなってしまった物件のことをいいます。そのため一般的な物件などは購入する時に、直接売主との取引になりますが、この場合は間に債権者である銀行などが入りそことの交渉や手続きなどか必要になるためより多くの時間が必要になります。

知識があれば心配ない

任意売却の不動産の特徴は、一般的な物件に比べて金額が3割ほど安くなります。安くなるにはそれなりの理由があります。一般的な物件は売主に瑕疵担保責任というのがありますが、任意売却の不動産は売主が瑕疵担保責任を免責されます。一般的な物件は一年以内に何か欠陥などがあった時は売主にその責任をとってもらうことができますが、任意売却のものはそれができません。購入した後に欠陥などがあった場合は、買主が自分で直したりする必要があります。購入する前には、そのような箇所がないかしっかりと確認したり、売主に物件や設備に関する書類などをもらっておくなどの対応をしておく必要があります。またこの物件は債権額より低くなる値引き交渉はできなくなります。一般的な物件とは違うところがありますが、しっかりとした知識を持っていればお得に購入することは可能です。