競売を避けるための方法|再建築不可な物件|低価格で夢のマイホームを実現

再建築不可な物件|低価格で夢のマイホームを実現

競売を避けるための方法

説明

ローンの滞納前にやること

色々な事情で住宅を手放す場合があります。その多くが住宅ローンの支払いが困難という理由です。ほとんどの人が住宅を購入する時には住宅ローンを組みますが、その時に任意売却と競売の違いを知っておくことが必要です。住宅ローンを3ヶ月続けて滞納すると、銀行などから一括返済の請求が届きます。これが届くと分割で返済することができなくなるのです。もし一括返済できないと競売にかけられて、強制的に住宅を売られてしまいます。この事態を避けるには早めに専門家に相談することが大事です。相談すると多くの人が任意売却という方法をとります。任意売却は競売と違って通常の不動産売買と同じなので、市場の相場価格で売ることができます。競売にかけられるより遙かに有利なので、すすんで任意売却する人が増えているのです。

相場価格で売れるメリット

住宅ローンを滞納する人は借金に追われている場合が多いので、銀行などからの催促通知を見逃す恐れがあります。そうするといきなり差し押さえということになるので、滞納したらすぐに弁護士に相談するようにします。相談を受けたら直ちに銀行と交渉して、任意売却できるようにしてくれます。任意売却の良い点は相場価格で売れるということと、引っ越しなどの日時を買い手と交渉できることです。競売では強制的なので家を追い出される形になります。裁判所にも公示されますし、近所に知られてしまいます。しかし任意売却なら事情を知られる恐れはないので、精神的にも気持ちが落ち着きます。もし任意売却で高く売れた場合、住宅ローンの残債を払える可能性もあるのです。