再建築不可な物件|低価格で夢のマイホームを実現

格安で一戸建てを入手する

マンション

ワケあり物件として人気

住宅などの建物を新規に建てる際は法令等に定める要件をクリアする必要がありますが、この要件は過去に何度も改定されています。そのため、すでに建っている住宅の中には現在だと要件を満たしていないものがたくさんあります。こうした物件を、再建築不可物件といいます。再建築不可物件とは、現在建っている住宅はそのまま使用できるが、いったん取り壊したら法令に適合するための変更を加えない限り再建築ができない物件のことをいいます。再建築不可物件は、従来はいわゆる「キズもの」として不動産市場ではあまり歓迎されていませんでした。しかし最近では、ひそかな人気物件となっています。というのも、工夫次第では格安でマイホームを手に入れる手段として活用できるからです。

古くても快適な生活が可能

再建築物件にはいくつか種類がありますが、最も多いのは接道義務を満たしていないというものです。これは、幅4メートル以上の道路に2メートル以上接していない敷地には、建物を建てることができないという規定です。たとえば狭い路地1本だけが通じている行き止まりの土地などがこれに該当します。そのままでは新築ができないという制限があることから、再建築不可物件の価格は通常の不動産価格に比べるとかなり安く、中には半値近いものもあります。そのため、新築にこだわらず、安い値段で手軽にマイホームを手に入れたいという人たちからは格好の物件として注目を集めるようになっています。リフォームは可能なので、手を入れれば中古でも快適な暮らしを実現することができます。

安い価格で家を購入

相談

土地や家などの不動産を購入するとき、タイミングなどが合うと任意売却の物件を勧められることがあります。任意売却の不動産は、一般的な物件とは違うところがたくさんありますが、安く購入できるというメリットがあります。

もっと見る

競売を避けるための方法

説明

住宅を手放す場合が人によって色々な事情であります。多くの場合、借金が理由です。もし住宅ローンの支払いができなくなりそうなら、早めに弁護士に相談することが大事です。差し押さえられて競売にかけられる前に、任意売却できるようにしてくれます。市場価格で売れますし、引っ越し日時の調整なども可能です。

もっと見る

事情の変化に対応

紙幣と家

福岡でマイホームの任意売却を検討されているのであれば、地元福岡での任意売却物件の取り扱い事例が豊富な不動産業者に仲介を依頼するのがよいといえます。任意売却を成功させるためには、信頼できる業者を見つけることが一番重要なポイントとなります。

もっと見る